www.tracteur-import.com

自動車での事故が起きた時自分自身が車の事故の被害者でも相手方が間違いを少しも容認しないという事例はかなり存在します。例として、意識的に起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて相手の自動車をぶつけられた時などにこういう言い合いに発展する状況がありがちです。例えそうであっても現場で自動車だけの交通事故片付けられて、数ヵ月後に体の痛みが現れた時に、通った病院の証拠書類を警察署に提出するというのは後手後手に回るのは否定できません。では自動車の事故の過失割合の認定にはどんな風な判断基準があるのでしょうか?厳密に申し上げますと、警察が確定するのは主に事故の大きな手落ちが認められるのはどちらのドライバーかという事であり過失の割合がどうなのかではないのです。まして、決定された事故の過失があった人が警察から教えられる事は事は全くありません。よって、どちらに何割過失があるのかは本人たちの調整の結果に応じて明確にされ、この結果が賠償のベースと判断されます。この時、両方が任意保険に加入をしていなかった時には、お互いが直接的に相談するしかありません。当然の事ですがそういった調整では、非理性的なやり取りになる場面が存在します。まして、互いの言い分に隔たりがあればまかり間違うと、裁判での争いにまでなりますが、それは時間と裁判にかかるコスト膨大なロスとなります。一般的には、それぞれのドライバーに付く保険会社、このように両方の自動車の保険屋さんに委ねる措置を駆使して、どちらに何割過失があるのかを慎重に決めさせるのです。このような時、自動車保険の会社は、それまでに起こった事故の係争の判断から導き出された判断基準、判例集等を基に、予想と交渉で割合を算出します。と言っても、自動車の事故においては、遭遇したのか巻き込んでしまったのかに関わらずまず警察を呼ぶのが重要です。その後、自動車の保険の会社にやり取りして、この先の協議を一任するのが順序となります。状況に応じた順序さえ分かっていれば、それぞれの建設的でない話し合いへの展開を回避できるに違いありません。

Link

Copyright © 1996 www.tracteur-import.com All Rights Reserved.